【中野 珠実】瞬きを手がかりとした人とロボットの情報共有促進システムの開発

さきがけ研究者

中野 珠実

中野 珠実

大阪大学
大学院生命機能研究科
准教授

研究概要

瞬きは分節化の手がかりとして、また表現ツールとしても利用できます。本研究では、人々の瞬きを大規模にモニタリングし、その同期度を分節化の指標にして、自然環境の中から「出来事のまとまり」を推定・表出できる人工知能を備えたロボットを開発します。コミュニケーションの「間」を理解できる人工知能システムを開発することで、「空気が読める」ロボットが人間の良き理解者・共感者として活躍する社会の実現を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望