【仲谷 正史】安心感の醸成と孤独感の低減をめざすEmotional Reality情報技術の確立

さきがけ研究者

仲谷 正史

仲谷 正史

慶應義塾大学
環境情報学部
准教授

研究概要

私は情報化社会における身体感覚の役割と、人間の持つ社会的な孤独感の低減に活用可能な次の研究、 (1) 安心感を与える感覚刺激の神経基盤の解明 、(2)身体感覚へ安心感を提供する情報技術の開発、および (3)乳幼児・高齢者を対象にしたフィールドワークを実施します。これらの研究と社会実践を通し、情報環境技術が安心感や孤独感といった「こころ」の状態を扱うに必要な情報心理学の知見を取得し、その発展に貢献します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望