【江崎 貴裕】ボルツマンマシンを利用した脳の機能障害ダイナミクスの理解

さきがけ研究者

江崎 貴裕

江崎 貴裕

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

人間の脳の中では複数の領野が連携して機能していると考えられていますが、それがどう思考や認知機能とつながっているのかは未だによくわかっていません。近年の研究では、fMRIで取得した脳の活動データをボルツマンマシンでよく再現できるということがわかってきました。本研究ではこれを基にした手法を開発し、脳の重要なネットワークを抽出・分析して脳機能障害の原因・治療のための指針を発見することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望