【千葉 逸人】一般化スペクトル理論に基づいたネットワーク上の大自由度力学系の同期現象の解明

さきがけ研究者

千葉 逸人
千葉 逸人

九州大学
マス・フォア・インダストリ研究所
准教授

研究概要

電力網、コンピュータの回路、ニューラルネットワーク、心筋細胞など、無数の素子が結びついて構成される大規模ネットワークは、我々の身の回りに溢れています。特に、個々の素子が協調した状態である同期現象の研究とその応用は今後ますます重要になります。本研究の目標は、ネットワーク上の力学系の研究、特に同期現象を解明するための数学理論を構築すること、およびその様々な社会的問題への応用です。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望