【伊師 英之】正定値対称行列の数理に関する革新的新技術

さきがけ研究者

伊師 英之
伊師 英之

名古屋大学
大学院多元数理科学研究科
准教授

研究概要

サイズは大きいが、ほとんどの成分にゼロが指定されているような対称行列の数理が、人工知能やデータサイエンスなど多くの分野で近年注目を集めています。そのアプローチの一つであるグラフィカルモデルの理論を等質錐の理論と統合することによって大きく拡張する方法を最近発見しました。この方法によって、等質錐の理論のアイディアを対称行列の数理に適用し、様々な行列演算のアルゴリズムを評価・改良、新開発することを目指します。特に、凸錐計画法などの最適化問題には多大な成果が見込まれます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望