【早水 桃子】基礎医学と社会医学をつなぐ離散幾何学的モデリング

さきがけ研究者

早水 桃子
早水 桃子

情報・システム研究機構
統計数理研究所
助教

研究概要

本研究では、与えられた距離情報をグラフで記述するための方法論を構築し、幹細胞の分化や病原体の進化をはじめとする生物学的プロセスの全体像をシンプルかつリアルに描き出すことを可能にします。さらに、数学と医学の協働によって現象の背後にあるメカニズムを探るための実用的なソフトウェアを開発し、社会的に重要な基礎医学上の課題を解決することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望