【齊木 吉隆】ヘテロ次元サイクルに着目した同期理論の構築ー複雑現象の理解に向けてー

さきがけ研究者

齊木 吉隆
齊木 吉隆

一橋大学
大学院商学研究科
准教授

研究概要

流体乱流、気象、経済、金融等の複雑現象は、背後で多くの構成要素が絡み合っており、特に急激な気象変化、経済、金融危機等の理解、予測、制御は困難です。これらの現象は、同一でない要素が非対称相互作用する大自由度結合力学系とみなすことができます。本研究では複雑現象における急激な状態変化を統一的に捉えて予測、制御につなげるためにヘテロ次元サイクルとよばれる数学構造に着目した結合力学系の同期理論を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望