【来嶋 秀治】乱択アルゴリズム設計の技法と脱乱択化の数理

さきがけ研究者

来嶋 秀治
来嶋 秀治

九州大学
大学院システム情報科学研究院
准教授

研究室ホームページ

研究概要

情報環境の発達した現代において、計算は現実の社会に深く浸透し、計算の方法=アルゴリズムは現代社会を支える重要な基盤技術となりつつあります。アルゴリズム設計において、確率的技法は、簡便さ、効率性、大数の法則に保証される頑強さを理由に、理論上も実用上も、もはや不可欠な要素技術です。本研究では、特にランダムネスの計算効率に与える影響に焦点を当て、乱択アルゴリズム設計のための数理の構築に取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望