【李 聖林】動的変形空間による細胞機能決定機構の解明及びIn vitro実験への検証

さきがけ研究者

李 聖林
李 聖林

広島大学
大学院理学研究科
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究は、空間(ドメイン)の動的変形が遺伝子或は生体分子の空間パターン形成を制御する事を明らかにし、細胞の物理・幾何学的性質により細胞機能が制御できる可能性を提示する事を目指します。遺伝子或は生体分子の動態をそれらが置かれている環境(細胞核又は細胞)との関連性に注目していく本研究は、遺伝子操作を使わずに細胞機能を制御可能にする新しい枠組みを数学から提案し、In vitro実験で検証していきます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望