【寺本 央】特異点論の物質科学への応用

さきがけ研究者

寺本 央
寺本 央

北海道大学
電子科学研究所
准教授

研究概要

化学反応動力学における非断熱遷移ダイナミクス、固体物理におけるトポロジカル絶縁体等の物性をエネルギー準位間交差に着目し制御するための理論を、微分位相幾何学、特に、特異点論を用いて構築し、光により劣化しない物質設計、スピントロニクス等への応用を検討します。また、その応用を通じて、それらの例を包含するような特異点論の一般的な枠組みを構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望