【末永 幸平】ハイブリッドシステムのための超準プログラミング言語理論を用いた形式手法

さきがけ研究者

末永 幸平
末永 幸平
京都大学
大学院情報学研究科
准教授
研究室ホームページ

研究概要

大規模かつヘテロなシステムの挙動の理解という社会的課題の解決のために、連続的挙動と離散的挙動の混在したハイブリッドシステムを検証する形式手法を構築します。具体的には (1) ハイブリッドシステムのモデリング手法と形式検証アルゴリズムを数理論理学および不変条件発見手法等のプログラミング言語理論に基づいて構築し (2) その基盤に基づいた大規模ハイブリッドシステムのための安全性検証ツールの実装を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望