【永田 賢二】計算論的代数幾何学によるデータ駆動科学の発展

さきがけ研究者

永田 賢二
永田 賢二
産業技術総合研究所
人工知能研究センター
主任研究員

研究概要

ディープラーニングや混合正規分布モデル、隠れマルコフモデルなどの階層的な構造をもつ統計的確率モデルにおいて、代数幾何学が統計的学習の性能解明に寄与しています。本研究では、この知見にもとづき、ベイズ推定と呼ばれる手法によるデータ解析アルゴリズム開発を行います。また、計算機科学・統計学の知見を援用し、高度に発達した計算機を駆使する計算論的代数幾何学とも呼ぶべき学問の推進を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望