【杉山 由恵】白血球走化性ダイナミクスの解明と個別化癌治療への応用

さきがけ研究者

杉山 由恵
杉山 由恵
大阪大学
大学院情報科学研究科
教授

研究概要

白血球細胞数と白血球走化性運動度の情報から癌縮小・癌増殖様相のシミュレーションが可能になれば適切な治療法選択が容易になります。これまで癌治療計画支援ソフトとしては「病理画像から3D視覚化」の研究で成果報告があります。一方、微分方程式を用いた癌亢進シミュレーション手法の確立例は報告されていません。本研究では幅広い数学分野と、医学や生物学分野を融合しつつ癌亢進予測を可能とする微分方程式モデルの確立を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望