【大森 亮介】非疫学データによる感染症流行動態解析の新展開

さきがけ研究者

大森 亮介
大森 亮介
北海道大学
人獣共通感染症リサーチセンター
助教
研究室ホームページ

研究概要

感染症は大きな社会問題となっていますが、流行メカニズムの理解には感染症流行データのみの解析では限界があります。本研究では病原体遺伝子配列情報、宿主の行動データといった感染症流行データ以外の情報と感染症流行の関連性を数理モデルを構築することで定量的に明らかにし、これまで不明であった流行メカニズムを解明します。数学と感染症分野との協働による感染症流行制圧の現状における限界を打破することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望