【小林 景】データ空間の幾何学的特徴を活用する解析手法と統計理論

さきがけ研究者

小林 景

小林 景

慶應義塾大学 
理工学部 
准教授
研究室ホームページ

研究概要

球面などの図形(データ空間)上にデータが分布するとき、その統計解析にデータ空間の曲率が影響を及ぼすことが数学的に知られています。一方、近年ビッグデータと呼ばれるような複雑なデータに関しても、データ空間に着目して統計解析の精度を向上させる手法が研究されています。本研究ではデータ空間の曲率など幾何学的な量を理論的に評価し、さらにデータ空間を積極的に変形させることにより新しい統計解析手法を開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望