【中野 直人】包括的な数学的手法による気象予測プロセスの確立

さきがけ研究者

中野 直人

中野 直人

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

本研究では、データ解析(高次元系の理解)から数理モデリング(支配原理の抽出)を通じ、最終的にはデータ同化を用いた予測(効率的な未来予測)までの一連のプロセスを数学によってつなぐことで、新たな予測理論の確立をめざします。対象とする社会的課題は気象などの長期間予測です。これを本研究で提案する新たな予測プロセスを用い、気象学者の綿密な連携を通じて達成することがねらいです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望