【神山 直之】都市・社会システム最適化のための離散的数学理論の深化

さきがけ研究者

神山 直之

神山 直之

九州大学
マス・フォア・インダストリ研究所
准教授
研究室ホームページ

研究概要

本研究では、数学的に曖昧な問題を、数学の問題として定式化し解決することを目的とする問題解決型数理モデルに対する、離散最適化・グラフ理論・計算量理論を軸とする離散的数理基盤の深化を目指します。さらに、交通流最適化やメカニズムデザインといった、より良い都市や社会のしくみや制度を構築するための問題に対して、上記理論を応用し解決することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望