【遠藤 達郎】細胞内機能を模倣したポリマー製フォトニック結晶ナノ共振器アレイの創製と1細胞代謝産物の非染色検出・定量への応用

さきがけ研究者

遠藤 達郎
遠藤 達郎

大阪府立大学
大学院工学研究科
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究では、タンパク質結合、イオン抽出・排出等細胞内で実現される機能を発現させたナノ光学デバイス「フォトニック結晶(Photonic crystal: PhC)ナノ共振器」をポリマーを基材として作製します。加えて種々の細胞内機能によって誘起される屈折率変化によって観察されるPhCナノ共振器内の光閉じ込め・増幅効率変化を利用し、1細胞レベルでの代謝産物を非染色にて検出・定量可能なツールを開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望