【福山 真央】自然乳化を利用したマイクロ水滴内単一細胞イムノアッセイ

さきがけ研究者

福山 真央
福山 真央
京都工芸繊維大学
大学戦略推進機構系グローバルエクセレンス
助教

研究概要

細胞の状態を非侵襲的に知る方法の一つとして、細胞分泌物の測定が挙げられます。しかし、1細胞の分泌物の測定は、拡散希釈が問題となり困難でした。本研究では、マイクロメートルサイズの油水界面現象を利用したイムノアッセイ前処理操作を新たに開発し、1細胞分泌物の測定を可能にします。さらに、この操作を従来の 1 細胞分析装置(セルソーター等)と組み合わせ、1細胞分泌物の高スループットな定量測定を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望