【猪股 秀彦】流体による1細胞解析から1個体解析への応用

さきがけ研究者

猪股 秀彦
猪股 秀彦
理化学研究所
多細胞システム形成研究センター
チームリーダー

研究概要

様々な生物の発生過程において、発生場は動的に変形することが知られています。このような発生場の変形は、胚内に存在する流体に流れ・力を生み出す原動力となる可能性が考えられます。本研究では、このような流体の流れ・力に注目して1個体解析を可能にする技術の開発を行います。さらに、従来の分子・細胞レベルのミクロな情報とマクロな流体の情報を組み合わせ、1細胞から1個体解析を可能にする新規手法の開発を試みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望