【若林 真樹】単一細胞プロテオミクスが拓く細胞証分析

さきがけ研究者

若林 真樹
若林 真樹
京都大学
大学院薬学研究科
助教

研究概要

本研究では、超高感度かつ超高分離な液体クロマトグラフィー-質量分析計(LC-MS)の開発と、解析試料をロスなくLC-MS測定系に導入可能な前処理用キャピラリーの開発を通じて、単一細胞プロテオーム解析手法の確立を目指します。様々な分析装置、手法とリンク可能な汎用的手法を確立することで、単一細胞内のタンパク質ネットワーク動態情報と既知情報を紐つけし、細胞の個性を生み出す機序を理解することがねらいです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望