【城口 克之】生体システム理解・医科学応用を実現する1細胞核酸計測技術の開発

さきがけ研究者

城口 克之
城口 克之
理化学研究所
生命システム研究センター
ユニットリーダー

研究概要

本研究では、一度の実験で多数(100万以上)の細胞を対象に、各細胞の複数部位の核酸配列を高精度に決定できる革新的技術を開発します。これにより各細胞の特徴と集団全体の振る舞いを同時に捉え、細胞の不均一性が細胞集団や組織、個体に与える影響やそのメカニズムの理解を目指します。医科学への応用も視野に入れ、測定法の高精度化や簡便化、低コスト化も追求します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望