【松崎 典弥】がん幹細胞の生物学的機能を解明する1細胞解析技術の創製

さきがけ研究者

松崎 典弥
松崎 典弥
大阪大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

幹細胞性を可塑的に示すがん幹細胞様細胞は、腫瘍形成や転移の原因である最も重要ながん細胞です。しかし、非常に数が少なく、通常は休止しているため、死滅させることが困難でした。また、その性質や機能なども未解明です。本研究では、がん幹細胞様細胞の生物学的機能を解明するため、生体外でがん組織の三次元微小環境を再現した革新的な統合1細胞解析技術を創製します。本研究より、幹細胞性の可塑性メカニズムの解明や、増殖・転移を阻害する革新的治療法の開発が期待されます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望