【樫田 啓】新規人工核酸SNAを用いた生細胞内RNAイメージング

さきがけ研究者

樫田 啓

樫田 啓

名古屋大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

我々が開発したセリノール核酸(SNA)は細胞内において安定であり、RNAと安定な二重らせんを形成することが分かっています。そこで、本研究ではこのSNAを利用したRNA検出材料を開発することによって、細胞内で高感度にRNAを検出することを目指します。細胞内におけるRNAの量や局在性を明らかにすることが出来れば、細胞内でRNAが果たしている機能を解明することが期待できます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望