【神谷 真子】多機能蛍光プローブ群による組織内1細胞機能解析

さきがけ研究者

神谷 真子

神谷 真子

東京大学
大学院医学系研究科
講師

研究概要

本研究では、新規蛍光イメージングツールの開発により、生きた細胞のみが有する生体分子情報を組織中の1細胞レベルでリアルタイムに捉え、個々の細胞の性質や個性を「非破壊」に理解することを目指します。具体的には、有機化学や物理化学、光化学の観点から最適化された多機能小分子プローブ群を創出することで、酵素活性やpH勾配等の刻々と変化する動的情報を1細胞レベルで検出可能な革新的解析研究ツールを開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望