【宮成 悠介】階層的なクロマチン高次構造のライブイメージング

さきがけ研究者

宮成 悠介

宮成 悠介

自然科学研究機構
岡崎統合バイオサイエンスセンター
特任准教授

研究概要

クロマチンの高次構造は転写反応などのゲノム機能に密接に関与しています。その構造は静的なものではなく、刻一刻と動的に変化し、転写活性の揺らぎや細胞の不均一性を引き起こすと考えられます。本研究課題では、階層的なクロマチン高次構造を単一細胞内でライブイメージングする技術を開発することで、クロマチン動態によって引き起こされる細胞の不均一性を理解するための研究基盤の構築を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望