【五十嵐 龍治】ナノダイヤモンドによる三次元構造動態イメージング技術の創成

さきがけ研究者

五十嵐 龍治

五十嵐 龍治

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

1細胞の機能や個性を真に理解するためには、生命現象が起こる際に細胞内分子がどの様な構造変化を起こすか三次元的に可視化するのが最も直接的です。本研究では、独自に開発した「光検出磁気共鳴顕微鏡」と蛍光ナノダイヤモンドによる分子標識技術を基礎として、細胞内分子の構造の経時変化を可視化する新しい1細胞計測手法を創生するとともに力や温度によるストレスを細胞がいかに知覚し生命現象を引き起こすか明らかにします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望