【谷内江 望】1細胞レベルで細胞系譜を一斉同定するDNABarclockテクノロジー

さきがけ研究者

谷内江 望

谷内江 望

東京大学
先端科学技術研究センター
准教授

研究概要

細胞の発生を1細胞レベルで動的かつ網羅的に追跡することは、細胞・個体・進化を理解するために非常に重要ですが、現在までにそのようなテクノロジーはありません。本研究では細胞の中で時間変化に従ってDNA配列を高頻度で変化させるDNAバーコード(Barclock)を開発し、細胞の系譜を次世代シーケンサーと計算機による再構成によって一斉に1細胞レベルで追跡するテクノロジーを開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望