鉄族クラスター分子触媒の創出とエネルギーキャリアの合成

さきがけ研究者


大木 靖弘

名古屋大学 大学院理学研究科
准教授

研究領域の概要

本研究では、再生可能エネルギーに由来する電気エネルギーから化学エネルギーへの、高効率変換法の開発を目指します。窒素とプロトンと電子から常温・常圧でアンモニアを生成する酵素ニトロゲナーゼに着想を得た新しい触媒として、鉄族元素からなる高反応性のクラスター分子群を創出し、ニトロゲナーゼに倣うアンモニア合成反応をはじめとした、エネルギーキャリアの高効率合成に利用します。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望