低エクセルギー損失・CO2無排出燃焼の実現に向けたアンモニア燃焼化学反応機構の解明

さきがけ研究者


中村 寿東北大学 流体科学研究所
准教授

研究領域の概要

提案者らが独自に開発した「温度分布制御マイクロフローリアクタ」を用いて,従来手法で実施できなかった中低温域(約600-1200 K)のアンモニア燃焼化学反応機構の検証・開発を行う.これにより,低エクセルギー損失アンモニア燃焼器の設計開発に必要不可欠な基盤整備を行う.以って,アンモニアによる高効率・CO2無排出燃焼の実現に資することを目的とする。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望