ゼロエミッションを実現するアンモニア燃焼触媒の物質設計と応用

さきがけ研究者


日隈 聡士

熊本大学 大学院先端科学研究部
助教

研究領域の概要

太陽集光熱を用いた大量合成が想定されるソーラーアンモニアをカーボンフリーな燃料として位置づけ、次世代燃焼器へ広く展開する上で鍵となる燃焼触媒の材料設計を確立します。アンモニアの燃料としての優位性を発揮するために、低温着火を可能にするとともに窒素酸化物の生成を抑えて窒素と水のみ生成するゼロエミッションを達成する触媒を創出します。本研究の成果は化石燃料の代替と再生可能エネルギーの製造から利用に至る真の脱炭素化を可能にします。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望