【嶺岸 耕】メンブレン一体型光触媒シートの開発と人工光合成反応系の構築

さきがけ研究者

嶺岸 耕
嶺岸 耕
東京大学
大学院工学系研究科
准教授

研究概要

半導体光触媒を用い、トルエンを水素化してメチルシクロヘキサンを生成する人工光合成反応系を構築します。水溶液の入った酸素生成室と、トルエンの入ったメチルシクロヘキサン生成室を隔膜で仕切り、その隔膜として光を照射するだけでメチルシクロヘキサンが得ることができる、メンブレン一体型光触媒シートを開発・適用します。光を当てるだけで有用物質が得られる光触媒シートは、まさに人工の葉と呼ぶにふさわしいものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望