【脇坂 暢】液-液-固三相界面構造を制御した有機ハイドライド電解合成

さきがけ研究者

脇坂 暢

脇坂 暢

富山県立大学
工学部
准教授

研究概要

エネルギーキャリアとしての有機ハイドライドを電気化学的に直接製造する新しい方法を提案します。マイクロエマルションを用いて有機ハイドライド合成反応に適した液-液-固三相界面を創製し、高効率で簡便な電解合成法の確立を目指します。三相界面ならびに反応機構の解析を行うことで、三相界面の最適化および電極材料の開発にフィードバックします。開発した電極材料を組み合わせて有機ハイドライド電解セルを設計作製します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望