【織田 晃】ゼオライト場を利用した既存金属の新奇電子状態の創出

さきがけ研究者

織田 晃
織田 晃
科学技術振興機構

さきがけ研究者 (岡山大学 大学院自然科学研究科)

研究概要

既存元素の新物性を創出することは、現在の化学の基盤を開拓するのみならず、 我々の生活の質を向上させるためにも極めて重要です。本研究では、ゼオライト細孔内に「既存金属の新奇電子状態を創出する特異アルミニウム配列場」を高選択的に創り出す材料合成技術の開発、特異アルミニウム配列場を利用した「金属イオン交換ゼオライトへの新機能の附与」、さらには 「既存金属の新化学の展開」を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望