【吉田 浩之】外場応答性トポロジカル欠陥ネットワークの構築と多安定性デバイスへの応用

さきがけ研究者

吉田 浩之
吉田 浩之
大阪大学
大学院工学研究科
助教

研究概要

液晶における配向の特異点はトポロジカル欠陥と呼ばれ、バルクとは異なる性質を示しますが,これまでその形状を制御することは容易ではありませんでした。本研究では界面配向技術により、制御された形状を持つ3次元トポロジカル欠陥ネットワークを構築します。更に、トポロジカル欠陥が周囲と異なる屈折率をもつこと、状態の多安定性を示すこと及び電場応答性を示すことを利用し、スマート・ウィンドウへの応用を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望