【小林 浩和】金属ナノ粒子と多孔性金属錯体のハイブリッド化による革新的機能の創出

さきがけ研究者

小林 浩和
小林 浩和
科学技術振興機構

さきがけ研究者 (京都大学 大学院理学研究科)

研究概要

多孔性金属錯体(MOF)とナノ金属の新規複合化手法の開発と超空間・空隙制御による革新的な材料の開発を行います。反応させたい基質の選択的な分離・濃縮に長けたMOFと物質変換の要であるナノ金属触媒を一体化させることで、高効率・高選択的なエネルギー・物質変換が可能な複合物質の創製に挑戦します。反応場となる金属/MOF界面を精密に設計することにより、指導原理に基づいた革新的新材料の合理的設計を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望