【田中 良和】超巨大蛋白質会合体の内部空間を利用した結晶化デバイスの創出

さきがけ研究者

田中 良和

田中 良和

東北大学
大学院生命科学研究科
教授

研究概要

X線結晶構造解析は分子の立体構造を決定する最も優れた手法の一つですが、目的の分子の結晶を作製しなければならないという大きな問題があります。本研究では,メガダルトンオーダーの超巨大蛋白質会合体をフレームワークとして利用し、その内部空間に任意の分子を包摂させて丸ごと結晶化する手法を構築することにより、いかなるサイズの分子でも簡便かつ迅速に結晶化させることのできる技術を開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望