【三宅 亮介】結晶ナノ空間の複合的な空間変換に基づく機能創成

さきがけ研究者

三宅 亮介

三宅 亮介

お茶の水女子大学
基幹研究院
講師

研究概要

本研究では、連動して動く複数の結晶ナノ空間を利用した複合的な機能スイッチングの創製を目指します。ペプチド環状錯体結晶が示す協同的な空間変換を利用して、吸着制御、物質輸送や選択的なカップリング反応などを効率的に行うシステムの創製を行います。これらをもとに、アロステリック効果のように高効率で高機能を実現する次世代の新材料への展開を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望