【山田 高広】トンネル空間制御による革新的金属間化合物系熱電材料の創製

さきがけ研究者

山田 高広
山田 高広
東北大学
多元物質科学研究所
准教授

研究概要

本研究では、結晶構造内に「トンネル空間」を有する金属間化合物に着目し、その数原子スケールのトンネル構造とそれに内包される原子との物理的な相互作用による熱伝導率の低減と、そのメカニズムの解明を行います。これらの知見から、熱エネルギーを電気エネルギーに直接変換する熱電特性を飛躍的に向上させて、膨大な廃熱が存在する室温から150℃の温度領域で使用できる革新的な熱電材料の創製を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望