【渡邉 峻一郎】分子インプランテーションによる超分子エレクトロニクスの創成

さきがけ研究者

渡邉 峻一郎

渡邉 峻一郎

東京大学
大学院新領域創成科学研究科
特任准教授

研究概要

分子の集合体である分子結晶は、あらかじめ多くの”隙間”がデザインされています。この隙間に様々な機能を持った分子を格納する技術(分子インプランテーション)を用いて、単一の分子では得られなかった新しい機能性(電気・光・熱)を追求します。ナノサイズの分子でそれよりも百万倍の小さな電子を制御する物理モデルを構築し、分子エレクトロニクスの可能性を開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望