【齋藤 敬】ナノ空間内でのトポケミカル反応による構造制御と単分散高分子への展開

さきがけ研究者

齋藤 敬
齋藤 敬
Monash University
School of Chemistry
Senior Lecturer

研究概要

プラスチックに代表される合成高分子は、原料である単量体が連なった鎖状の構造を形成しています。しかしながら、その鎖の長さ(分子量)を完全に精密に制御する技術は未だ確立されていません。本研究では、高分子を合成する反応空間に着目、単量体同士が反応する場を精密に制御されたナノ空間内での空間規制及び結晶内、液晶内での立体規制の二つで同時に制御する事により、完全なる高分子の構造、分子量制御を試みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望