【二瓶 雅之】有機ケージナノ空間の精密制御による超微小金属酸化物粒子の創製と革新的機能開拓

さきがけ研究者

二瓶 雅之

二瓶 雅之

国立大学法人 筑波大学
数理物質系
准教授

研究概要

核形成(配位)サイトを内包する有機ナノケージ分子を利用し、1-2nmのサイズをもつ未知の超微小金属酸化物粒子群をケージ空間の超精密制御により創製します。得られる超微小酸化物粒子は、分子の高い設計性とナノ粒子の機能を併せもつことが期待されます。本研究では、粒子界面と粒子間相互作用を精密に制御することでバルクと分子の境界領域に潜在する未知の物性を探索し、革新的機能材料を創製します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望