【松田 亮太郎】超活性種の自在発生による未知化学種の実現と吸着・物質科学の新展開

さきがけ研究者

松田 亮太郎

松田 亮太郎

名古屋大学
大学院工学研究科
教授

研究概要

化学的活性種は分子変換や分子機能を理解する上で重要です。しかし、その多くは不安定であり、生体分子や化学反応系中で短時間しか存在できません。本研究課題では、通常では安定に存在できない活性種をナノ空間中に安定に発生させ、空間に取り込まれたゲスト分子との相互作用によって、未知の化学種を創出し、未知化学種発生のプロセスに基づく吸着化学や、未知化学種を利用した物質科学の新展開を図ります。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望