【豊玉 彰子】コロイド結晶の構造制御と新規波長選択光学材料の創製

さきがけ研究者

豊玉 彰子

豊玉 彰子

公立大学法人 名古屋市立大学
大学院薬学研究科
講師

研究概要

コロイド微粒子が規則的に配列した「コロイド結晶」は、紫外から近赤外領域の光をBragg回折し、光学材料への応用が期待されています。本研究では、多成分コロイド系における結晶の制御法を初めて系統的に検討します。結晶構造を固定した材料は、反射・透過特性などの設計の自由度が大きく、新規波長選択材料としての応用や、多孔性材料として、工学・医薬分野への応用も期待できます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望