【佐賀 佳央】光合成タンパク質における規則的ナノ空隙群の創成

さきがけ研究者

佐賀 佳央

佐賀 佳央

近畿大学
理工学部
教授

研究概要

太陽光を吸収する色素分子が空間的に精密に配置された光合成タンパク質から一部の色素分子を選択的に脱離させることで、残存する色素と機能的にリンクした規則的ナノ空隙群を創成します。光合成タンパク質の主役である色素分子を外すという新たなコンセプトによってタンパク質内に機能空間群を産み出し、高効率で可視光や近赤外光に応答可能な光化学反応場や高選択的な分子認識の場として利用します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望