【一川 尚広】三次元Gyroid極小界面を用いたプロトン伝導性空間の創成

さきがけ研究者

一川 尚広

一川 尚広

国立大学法人 東京農工大学
大学院工学研究院
テニュアトラック特任准教授

研究概要

双連続キュービック液晶が形成するGyroid極小界面は巨視的には曲線的に連続していますが、微視的にはフラットという奇異な界面です。このGyroid極小界面に沿ってスルホン酸基を精緻に配列し、水分子が配位可能な連続した空間を設計します。さらにこの空間に水分子を組織化させ、水分子の水素結合ネットワークから成る三次元極小界面を生み出すことで、新奇なプロトン伝導性空間の創成を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望