【清水 智子】空間制御による原子解像度イメージング技術革新

さきがけ研究者

清水 智子

清水 智子

独立行政法人 物質・材料研究機構
先端的共通技術部門
主任研究員

研究概要

走査プローブ顕微鏡は、金属や絶縁体の表面構造や吸着分子の物性を原子解像度で観測できるものです。しかし、原子レベルで平らな物質でしか高解像度は実現できません。本研究では、その弱点を克服する新規プローブ顕微鏡を開発し、空間の制御を鍵としたイメージングプロトコルを提案します。多孔性物質等の空間・空隙を制御した材料の構造と電子状態や相互作用などの物性を同時に評価できる技術として確立することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望