【Easan Sivaniah】ナノ超空間中の流動を利用した吸着と結晶化制御による新機能開拓

さきがけ研究者

Easan Sivaniah

Easan Sivaniah

国立大学法人 京都大学
物質-細胞統合システム拠点
教授

研究概要

材料内部のナノ超空間により、流動下での表面吸着のダイナミクスの制御を実現します。材料の作成にはCOSと呼ばれる新規多孔体のプロセスを用い、表面吸着における粒子径と膜表面および内部の空間サイズとの関係を扱う理論の一般化とその展開を行います。この理論は膜分離におけるファウリングの根本的な解決をもたらすだけではなく、熱交換器の改善や細胞吸着の抑制にその応用が期待されます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望