イオン結晶の階層的構築と吸着・輸送・変換場への応用

さきがけ研究者


内田 さやか東京大学 大学院総合文化研究科
准教授

研究概要

イオン結晶は等方的で密な構造を有し、一般に細孔や空隙の構築には適さないと言えます。本研究では、分子性イオン、電荷/サイト比のミスマッチの活用によりイオン結晶格子内に細孔・空隙を構築します。イオン性吸着点、微小細孔や空隙、構造柔軟性といったイオン性に特有な特長を生かし、吸着・輸送・変換機能を開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望