ナノ粒子の高次空間制御による高効率光エネルギー変換系の創製

さきがけ研究者


立川 貴士
神戸大学 大学院理学研究科
准教授

研究概要

金属酸化物ナノ粒子が三次元的に規則正しく配列した超構造体である金属酸化物メソ結晶を開発します。結晶面、粒子間接合界面、細孔空隙を含む不均一界面で起こる分子拡散や物質変換過程を1分子レベルで蛍光観測することで、これまで明らかにされていなかった反応の特異性を見出します。さらに、メソ結晶の構造的・物理化学的特徴を生かした異種材料との複合化により、メソ結晶を基盤とした新たな高効率光エネルギー変換系を構築します。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望